葬儀に出るための忌引き休暇と忌引き明けの考え方

葬儀と忌引き休暇と忌引き明け

葬儀と忌引き休暇と忌引き明け 身近な方がなくなってしまったときに、葬儀をあげるのは当然のことです。仕事をしているときでも、休暇を取るといったことが必要になるでしょう。もしも、休みが取れないとしたのであれば、これは大きな問題にもなってしまいます。一般的に忌引き休暇と呼ばれますが、必要な休暇であると考えられるからです。捉え方にはいろいろとありますし、申請方法も違います。会社だけではなく、学校によっても定められた届出の方法があるでしょう。そのため日数やマナーといったところまで考えておくことは、社会一般としても必要なことになってきます。

葬儀の際の忌引きがなぜ必要なのかといえば、喪に服するといった考え方があるからです。身近な人が亡くなると、精神的にもつらい思いをすることになります。その中で、亡くなった方に対する追悼の思いもあるはずです。一定の期間、故人を悼むといったことは当然のことになるでしょう。本来であれば、仏式では喪中は1年とされていますし、その期間は喪に服するのが一般的です。ですが、現実的にこれだけの期間を休むことはできません。一般的な考え方として、配偶者で10日、両親では1週間程度で忌引き明けとされています。学校や企業としての考え方によっても長さは異なりますが、あとから処理しなければいけないことも出てくるため、通常の生活に戻すためにも時間がかかることを考えれば、この程度は必要だと考えられています。

一般的に忌引き休暇は規則として設定されているものの、学校や会社によっては存在しない場合がある点には注意が必要です。どこでも必ず設定しなければいけないわけではありません。書類などの提出が必要になってくることもあります。この辺りの規定も一定ではないため、確認しておかなければいけません。取得を認められなければ忌引き休暇も取れない可能性が出てきます。忌引き明けに書類提出が求められる場合などもあるので、就業規則を見てみる必要もあるでしょう。

葬儀が突然のことになれば、なかなか申告を早くするわけにもいきません。いろいろな事情もあるとは思いますが、できるだけ早く伝えておくことが、どこも混乱しないで済む方法です。口頭でもまずは伝えてあれば、対処方法も考えられるでしょう。忌引き明けで出勤した時に、どういった対応をするのかも考えておかなければいけません。いたしかたのない休みだったとしても、仕事を休んだことによって影響があり、対応しなければいけない人が出てくるからです。誰にも起こりうることなので、いざという時のために参考にしてはいかがでしょうか。

〔トピックス〕